本文へジャンプ
キャリア研修センター~個人の自立的なキャリア形成を支援する~
トップページ/ キャリア研修センターとは/ 企業向けサービス/ 個人向けサービス/ 
キャリアコンサルタント・指導者向けサービス/ キャリアコンサルタント・指導者の自主学習/ リンク/ 問い合わせ


キャリアカウンセラー・キャリアコンサルタントの自主学習
(11年1月6日改訂)
What New!
キャリアコンサルタント技能検定1級(指導レベル)に向けた学習方法のページを作りました。(11.8.3)
キャリアコンサルタント技能検定1級(指導レベル)への学習方法について質問が大変に多いので、私(田中春秋)の個人的意見を書きました。興味がある方はどうぞ。
指導者レベル(技能検定1級)に求める能力と、力量をあげる為に

1)他者視点も踏まえ自分のスキルを磨く
指導の力とキャリアコンサルタントとしての能力を高めるために、少人数で指導の力とキャリコンの力両方を高める「指導スキルコンサルテーション」を実施しています。選考もありますが、仲間と一緒に自分を高めることができます。
2020年3期を実施予定です(トップページ参照)。
2)技能検定1級の問題を素材に、指導法の基本や視点を学習する。

キャリアコンサルタントに求める能力と、力量をあげる為に

本来理想とすべきキャリアコンサルタントにはどんな力が必要となり、どんな勉強をすればいいのか?

検定に何が出る、ではなく、本質的に、どういう能力を高めて欲しいと思っているのかをご説明します。

理論(知識)と実技(実践)があるのですが、まずは実技からご説明します。
<キャリアコンサルタントに必要な力>

この図に「自己評価」「基本的態度」「職業情報」「メンタルの知識」等が加わります。
図の説明をします。
この絵には、目的と手段が混在しています。
目的は「(クライアントに対し)価値を提供する力」です。
面談(支援)を受ける前と受けた後とで、「思考・行動・感情等」が前向きに変化する=クライアントへの価値と考えています。
正直言えば、これが高いレベルで実現できるのならば、他はどうでもよいという考え方すらあります。
しかし、この目的を安定的に実現するには、「関係構築(関係を作り・維持する力)」は不可欠ですし、問題を解決する為には、クライアントにとっての「問題を深いレベルで理解」することが不可欠ですし、場当たり的にやっても解決する可能性は低いですから問題理解した上で、その「問題を解決するための戦略(シナリオ)を作れる」ことが必要ですし、しかしその戦略も、相手がモノではなく「人」なので、クライアントの心理ステップにあった戦略を立てることができないと役に立たない訳です。
戦略も1回作ったらそれっきり、ではなく、5分なら5分時点の戦略、10分なら10分時点の戦略、20分なら20分時点の戦略、と常に修正しながら進めていくものです。
対処、は、いくら適切な意見指示をしたところで、クライアントがそれに従わなければ全く価値を産みません。
対処の部分は、技法的な言い方をすると「課題解決のストロークに関係構築のストロークを組み合わせて進める」ことが重要。
やや理念的な言い方をすると、クライアントが今どう感じているか、クライアントの心理ステップに応じて進めることが重要、となります。
標準レベルのキャリアコンサルタント(国家資格キャリアコンサルタント)では、関係構築のスキルを中心的に学習しています。
しかし、熟練レベルのキャリアコンサルタント(技能検定2級)は、
「問題を抱えた人間」に対応する為に
①関係構築(維持)の能力
②課題解決の能力
の両面が求められるわけです。
実は②はビジネス経験の中で相当実践をしていますので、ビジネスキャリアが深い方は、熟練は「課題解決と関係構築の統合」をどうやるか、という統合の練習が中心になります。
一方で、標準レベルで「キャリアコンサルタントに向いてるねー」と周りから言われた、相手の気持ちに敏感なタイプの方は、気持ちだけではまだ十分でなく、相手の課題はどうやったら解決の方向に進むのか、と、「課題解決」「戦略性」を勉強することになります。
どうもこれは相反する資質のようで、両方が得意な方は非常に少ないようです。
これらの力をどうやって伸ばしていくか?
A:理想的にはスーパービジョンによって高めていく。
しかし、残念ながら、我流でなく、相手を高めるスーパービジョンを実施できる方は非常に少なく、スーパービジョンを実施できる人を少しでも増やしていこうとしているのが今の実態です。
今回コロナへの対策としてオンラインで学習できる社会的認識が進み。キャリア研修センターでも今後一部オンラインでのスーパービジョンを実施していきたいと思っています。
B:視点を学習し、チェックすることで自ら高めていく。
現実的には今力量を高めるのはこの方法かな、と思っています。
上記の図はある意味チェックするポイントの整理ですし、国家資格キャリアコンサルタント、技能検定2級キャリアコンサルタントも上記視点の実現度を測るような内容になっています。
この部分もオンラインで今後実施していこうと考えています。

まずは自主学習する方法を以下に紹介します。
体験の中で説明しないと誤解されやすいので、できれば双方向で説明したいのですが、学習の参考にしてください。
info セルフチェック用シートはこちら
info 自主学習用プログラムはこちら

国家資格キャリアコンサルタント試験・技能検定2級の素材を使った学習について
国家資格や技能検定のテスト素材を通して学習できるようにしていきたいと思っています。
今後空いた時間を使って作成する予定です。先に1級向けから作成いたします。


カウンセラー自主学習トップ へ
「実技の自主学習コーナー」 へ
「実技以外(筆記他)の自主学習コーナー」 へ
「ビデオ学習コーナー」 へ

「指導レベルへの学習方法コーナー」 へ

その他様々なキャリア情報

・キャリア支援者として必要な情報をBlogに入力しています。企

業事例やプログラム等もストックしていっていますので、

 ぜひご活用ください。また、新しい情報をご連絡頂けると助かります。
★:キャリア研修センターBLOG

 当然ながら直接トレーニングした方がよいのですが、残念ながら、
 トレーニングに参加できる方は限定されてしまいます。

 まずは視点だけでもNetで学べるようにしたいと思い作成しました。

 勉強された方は、是非感想等をお送りください。 info@career.on.arena.ne.jp

トップページ/ キャリア研修センターとは/ 企業向けサービス/ 個人向けサービス/ 
キャリアコンサルタント・指導者向けサービス/
 キャリアコンサルタント・指導者の自主学習/ リンク/ 問い合わせ