本文へジャンプ
キャリア研修センター
~個人の自立的なキャリア形成を支援する~
キャリア研修センター

トップページ/ キャリア研修センターとは/ 企業向けサービス/ 個人向けサービス/ 
カウンセラー向けサービス/
 カウンセラーの自主学習/ リンク/ 問い合わせ
LINK
キャリアカウンセラー・コンサルタントとして知っておくと役に立つサイト

知っておくと役に立つサイトを紹介します。
●キャリア研修センター関連情報
★キャリア研修センター福岡(キャリア研修センター別館)
http://careercenter.seesaa.net/
ブログでこのサイトを補足する情報をストックしています
★キャリア支援で役立つ知識・情報
http://careerinformation.seesaa.net/
現場で役立つ知識や情報を共有しています。投稿をお願いします。

●仕事情報

<厚生労働省 ハローワーク>
https://www.hellowork.go.jp/

全国ハローワークの求人情報検索

<しごと情報ネット>←サービス終了しました

http://www.job-net.jp/

民間の求人情報や、経済団体、ハローワークの求人情報の一括検索

<仕事情報サイト リクナビ>
http://www.rikunabi.com/

大学生のための就職情報サイト リクナビ、社会人のための転職情報サイト リクナビNEXT

人材紹介会社の仕事情報
<その他仕事情報>
毎日コミュニケーションズ
http://www.mycom.co.jp/

<その他斡旋会社>
・リクルートエージェント

http://www.r-agent.co.jp/
・インテリジェンス

http://www.inte.co.jp/
・テンプグループジョブチェキ
http://www.jobcheckit.com/jbch/top.do

<その他転職情報>

・エン・ジャパン

http://employment.en-japan.com/
<大学院生ポスドク研究者他>
・JREC-IN
http://jrecin.jst.go.jp/
研究者人材データベース(化学技術機構)
・アカリク
http://www.acaric.jp/
大学院生やポスドク等に特化
・WDB..com
http://www.wdb.com/
研究職人材に注力

<人材バンクネット>

http://www.jinzai-bank.net/personal/personal_gst/top.cfm

調 査 内 容

 全国の人材バンクが情報掲載する人材バンクの集合サイト(株式会社アイ・キュー)

派遣会社の仕事情報と、派遣会社情報

<派遣会社例>

・リクルートスタッフィング
http://www.r-staffing.co.jp/

・スタッフサービス
http://www.staffservice.co.jp/

・テンプスタッフ

http://www.jobcheckit.com/

・アソウヒューマニーセンター

http://www.ahc-net.co.jp/ahc.html

●能力開発情報

<雇用・能力開発機構>

http://www.ehdo.go.jp/

能力開発、就職促進のための各種相談、援助を行なう。職業訓練コースがある

<中央職業能力開発協会>

http://www.javada.or.jp/

職業能力の開発、向上のための情報提供や事業実施、技能試験など

<教育訓練給付制度・講座検索(厚生労働省)>

http://www.mhlw.go.jp/kyujin/kyoiku/index.html

制度の概要、厚生労働大臣指定教育訓練講座検索など

●その他情報

<労働力調査(総務省統計局)>

http://www.stat.go.jp/data/roudou/index.htm

 【毎月】 15歳以上の人口について、月々の就業状態、就業時間、産業・職業等の就業状況、失業状況などを調査

<雇用動向調査(厚生労働省)>
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/09-2/index.html

【年2回】 事業所における入職・離職の状況等を調査。雇用労働力の産業、規模、職業及び地域間の移動の実態。9大産業従業員5人以上の事業所対象

<賃金構造基本統計調査(厚生労働省)>
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/52-21.html

【年1回】 主要産業に雇用される常用労働者について、その賃金の実態を労働者の種類、職種、性別、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにした調査。9大産業従業員5人以上の事業所対象

<ワークス調査データ(ワークス研究所)>

http://www.works-i.com/

ワークス実施の調査「ワーキングパーソン調査」「求人倍率調査」「中途採用調査」他

<キャリアマトリックス(JIL)>
☆事業仕訳により廃止になりました。
キャリアマトリックスで提供していた自分の性格やこれまでの職歴から適合度が高い可能性がある職業に繋げるインターネット上のサービスが大幅に後退したことになります。
いいサービスがあればぜひご教えてください。
当面は性格や職歴からの連動はカウンセラーの個別支援、性格や価値観、経験した職歴から実際のどんな仕事が適合度高いかは、アメリカのサービスのo*net onlineを紹介します(英語なので翻訳しないと使いえないし、給与等の情報も日本とは差があるけれど、何もないよりは手がかりになる)
日本でよいサービスが提供されることを期待しています。

<アメリカの労働情報サイト O*net>
http://www.onetonline.org/
職業志向性、スキル等から職業が検索でき、就職難度、必要な能力、平均年収、雇用が伸びている(伸びが期待できる)業界等が分かるアメリカのサイト。カウンセラーが支援の手がかりを得る為には非常に役立つ(英語だがyahoo等net機能で翻訳できるので概略を理解する程度は日本語しか分からない人でも可能)

<人材ニーズ調査(実施:日本商工会議所/委託元:通商産業省)>

http://www.cin.or.jp/needs/default.asp?CNO=0

民間企業の人材需要の量(人数)と質(職種や実務経験、資格などの職能要件)がわかる

<人材ニーズ調査/有望100職種ハンドブック(実施:日本商工会議所/委託元:通商産業省)>

http://www.cin.or.jp/needs/yubo/default.asp?CNO=20

約10年前の人材需要の拡大が見込まれる有望職種の職務内容、求人ニーズの概要、必要な能力・スキルなどがわかる(日本では有望職種・業界に対する調査が遅れているので労働力移動や今後の有望領域への人材シフトが遅れている。10年前の日本のデータがよいか、O*net等アメリカだけれど最近の詳細な情報が役立つか悩ましい(併用するしか現状は手立てがない)

<リクルート進学ネット(将来の仕事を探す)>

http://shingakunet.com/net/shigoto/top

大学専門学校等進学情報等を考える為の仕事情報。低学年向けなのでイメージしやすい
<大阪府 職業カウンセリングセンター>

http://www.pref.osaka.jp/sogorodo/counseling/
MIO職業興味チェックリスト」「Prep-Y職業興味検査」がネット上で無料で受験可能
<13歳のハローワーク公式サイト>
好き、をベースに色々な職業を知ったり、その職業の内容を調べることができる。
興味を白げるのに役立つ
http://www.13hw.com/
<yahoo職業辞典>
http://www.tensyoku-jiten.com/
簡単な職業情報

<My Next Move>
アメリカの職業探索・アセスメントサイト
http://www.mynextmove.org/
英語ができるとホランドコードを使った職業志向性アセス等色々できる
<職業能力評価>
http://www.hyouka.javada.or.jp/hyouka/
どういう職業ではどういう能力が必要国が整理した項目とレベルを知ることができます。
(ジョブカードに使われている)
能力向上の手がかりになります。中央職業能開発協会
<メンタル関係>
こころの耳
http://kokoro.mhlw.go.jp/now/
心の健康保全と自殺や過労死などの予防(厚生労働省)
<法律関連相談>
・法テラス
http://www.houterasu.or.jp/
法的トラブルを解決する為の国の機関
・福岡県弁護士会
http://www.fben.jp/
パワハラのポータルサイト
http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/index.html
厚生労働省がパワハラ対策として作っています

<中高年の労働市場動向>
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/sansyoku/subindex200408.html
中高年の労働市場でどの領域が増えているかという調査と今後のトレンドです。
中高年支援者必読です


 


トップページ/ キャリア研修センターとは/ 企業向けサービス/ 個人向けサービス/ 
カウンセラー向けサービス/
 カウンセラーの自主学習/ リンク/ 問い合わせ

本文へジャンプ